FC(フランチャイズ)でカフェ開業なら、「心の底から“最愛のカフェ”と思える」店舗創造を実現する『葉山珈琲』へ
FC(フランチャイズ)でカフェ開業なら、「心の底から“最愛のカフェ”と思える」店舗創造を実現する『葉山珈琲』へ


●実績その1
阪急百貨店スーパーマーケットグループの「阪急オアシス」、「阪急ファミリーストア」全店舗にて、珈琲豆、ドリップバック、リキッドコーヒーの取扱いをして頂いています。従来のスーパー等では焙煎して2ヶ月以上経過した珈琲豆が販売されています。これは物流の問題があり非常に難しい課題ではありました。しかし、弊社では業界初で焙煎して3日後に店頭に並べ、約1ヵ月以内で新しい商品に入れ替えています。 焙煎日も明記した「安全」「安心」「新鮮」な珈琲豆を常に提供しています。


●実績その2
カップ・オブ・エクセレンス(珈琲国際審査基準)の高得点を得た世界でも数少ないコーヒー、コロンビア カラコールやオリジナルブレンドは高品質の豆をふんだんに使ったふくよかな味わいである。

世界の生豆輸出量NO1のスイス「volcafe(ボルカフェ)」社の信頼された指定農園から輸送船舶を明確にし日本上陸後も食品トレーサービリティ(流通履歴)を徹底し品質保持と衛生面に配慮している。
焙煎職人が厳選したこだわり豆を焙煎しふっくらとした煎り上げ苦味、酸味と同時に甘みまで誕生させている。一番美味しく感じる時期、焙煎後2~3日の熟成を経て、旨味が生まれるこだわりのコーヒーを受注生産しています。

大阪の中之島にある「リーガロイヤルホテル」が毎年クリスマスイブにロイヤルの威信を賭け、総料理長「宮川栄治」氏が世界中の最高級食材を集結し催される『美食家のための聖夜の晩餐会』の仕上げの珈琲に平成16年より毎年連続で選ばれているのがその証である。


●実績その3
クラリネット奏者で著名な故・稲本耕一氏と焙煎職人とのコラボレーションにより、「Kohichiブレンド」珈琲が生まれました。また、この珈琲を飲まれた稲本氏は「コスタリカの風」という曲を創作され、その曲と珈琲を飲まれた陶芸家「岡本」氏により、専用の珈琲カップも創られました。将に、本物のアーティスト達のトライアングル・コラボレーションとも呼ぶべきエピソードでした。


FC加盟店募集
ショッピング
店舗紹介
加盟店資料の応募
スタッフ大募集